放課後等デイサービス「あさがおねっと」は子供たちが自由に自分を表現できる空間です

当事業所について

運営方針

遊びは成長を促す、最大の刺激! デイサービス

家庭生活や学校の授業からは得られない、縛りのない新しい刺激が遊びにはあります。 あさがおねっとでは「これをしなければいけない」という決まりはありません。
心身ともに開放でき、ストレスや葛藤を調整克服していける環境づくりを目指しています。

発達障害 発達障害の特徴がみられる児童生徒は年々増加しているとも言われており、この背景は、医療や心理学の進展により障害認定の範囲が広がったことが挙げられます。
また、教育現場では特別支援教育が導入され、一般の学校に在籍する発達障害児は6.5%ともいわれています。
発達障害の特徴がみられる児童生徒には適切なトレーニングを取り入れた遊びや勉強、作業による発達支援を行うことで、自立や社会順応性が高められるとされています。

療育イベント お友達と遊んだり、お気に入りのおもちゃを触ったり、学校の宿題を片づけたり・・、パソコン教室も行っております。
学校休業日には、音楽を取り入れた地域交流型の療育イベントも定期的に行っています。

レスパイトケア(休息)としての役割

高齢者介護 時代の変化と共に高齢者介護や核家族化といった複雑な家庭も増えてきています。
そんな中、子育てをしていく上で、安心して働ける環境の確保も難しくなってきました。

あさがおねっとでは発達障害の特徴がみられる児童生徒の放課後の居場所を確保する役割と、 更には、悩みの多い子育てを発達支援の専門家とご家族が共有することで、家庭でのストレスをなくすことを目的としています。
また、一時的にケアを代行することでご家族のレスパイト(休息)も担います。

学童保育 小学生であれば、地域の学童クラブや学童保育に通うことで放課後の居場所が確保されますが、中学校や高校には、そういったサービスが提供されていません。
特に、発達障害の特徴がみられる生徒に於いて、思春期である中学生、高校生時期の放課後はとても重要です。放課後等デイサービスは、学業時と社会生活を繫ぐ位置関係なのです。

児童生徒がやがて社会へ参加する際に身に着けておかなければならないマナーやコミュニケーションの育成も視野に入れた支援を行っています。


可能性と課題を見い出すのが 大人の役割!

学校では集団行動を学び、家庭では家族のルールに合わせざるを得ません。
家族のルール だからこそ、放課後の居場所ぐらいは自由でなければなりません。遊びを通して子どもの自発性を発見し、本来備わっている能力を引き出す支援もしております。

これから社会に出て行く上での適応性や、集団のマナーを覚えてもらうと共に、たくさんの人の愛情を受け取ってもらうのが目的です。
障がいの有無に関わらず、全ての子どもが自立し・・
伸びやかに育つ環境づくりを目指して!

↑ PAGE TOP